このページの先頭へ

警備会社の株主として

投資の目的は「利益を得ること」投資の原資は「金銭」投資の対象は「事業・不動産・証券など」なんと利益だけが目的であり、その利益を得るのは投資した本人だけ。こんな投資のどこにも幸福になるキーワードは存在しません。人として非常に醜く愚かで利己的な活動と言わざるを得ません。投機のようなマネーゲームに比べればまだマシですが、目的は同じです。このような疑問を持たずに投資に励んでいる人は自己中心的&利己的である...

ウィキペディアによると、リストラとは、英語の「Restructuringリストラクチャリング」の略語で、本来の意味は「再構築」である。しかし日本を含め多くの国家では、「従業員削減」のみを意味し、単に「解雇」と解釈されている。世間では後者の「解雇」という意味で、大企業も含めリストラの嵐が吹きまくっていますが、警備業界にはほぼ無縁の言葉となっています。もちろん警備会社でも、不採算部門があったり仕事の減...

トマ・ピケティの「21世紀の資本」に、”r>g”という式が出てきます。r(Return on Capital)とは、株や不動産など、資産運用から得られる利益率のこと。g(Economic Growth)は、経済成長率。働いて得る、所得の伸び率のこと。ここから最近「rの住人」とか「gの住人」という言葉が出回っています。つまり、株主は「rの住人」でその他社員(社長も)は「gの住人」だそうです。このこと...

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
トップへ戻る